やーっぱKOREA!

不思議な魅力満載KOREA!韓国情報発信中!

妓生(キーセン)のすべてについて書かれた書物

time 2016/12/09

妓生(キーセン)のすべてについて書かれた書物

韓流ドラマ「ファン・ジニ」を見てから妓生(キーセン)という存在を知った方も多いと思います。

私もその1人です。

「ファン・ジニ(黄真伊)」が実在する人物と聞いて更に興味を持ちました。

そこで見つけたのが、『妓生「ものを言う花」の文化誌』です。

「黄真伊」は歴史上の妓生の中でもっとも有名で妓生というより、朝鮮の最大の女流詩人だったそうです。

しかしながら、彼女の作品が現代まで残されているのは僅か数編だけ。

それでも朝鮮文学史は女性が少なかったため、大きく録されているのだそうです。

 

この本に、黄真伊ファンなら誰でも覚えている有名なワンシーンが書かれています。

『十五歳の時に彼女の美貌に魅せられた近所の若者が死に、その葬儀の輿(こし)が彼女の家の前で急に重たくなり、動かなったという奇事があった。彼女がそのチマ・チョゴリを棺にかけると、喪輿はまた動き始めたという。』

歴史ドラマを初めてみた私は、このシーンがものすごく悲しくてテレビの前で号泣しました。

完全に自分がファン・ジニになっちゃってましたね(笑)

 

この若者役「ウンホ」を演じていたのがチャングンソク。

それを知ったのは、ずっと後のことです。

Amazon⇒妓生(キーセン)―「もの言う花」の文化誌

sponsored link

down

コメントする




自己紹介

ゆき

ゆき

2004年に初めて渡韓。それ以来、韓国語を勉強し、韓国料理を覚え、韓国ドラマを見ています。韓国の魅力は何と言っても、あのおおらかさ(テキトー?)です。 [詳細]



sponsored link