やーっぱKOREA!

不思議な魅力満載KOREA!韓国情報発信中!

牛の鈴音(うしのすずおと):워낭소리

time 2016/12/25

牛の鈴音(うしのすずおと):워낭소리

累計約300万人動員という驚異的な記録を達成したドキュメンタリー映画「牛の鈴音」。

「牛の鈴症候群」と呼ばれる社会現象まで巻き起こしました。

韓国では2009年1月、日本では2010年4月に公開されました。

 

日本語の題字「牛の鈴音」は菅原文太さんが書かれたものです。

 

人気の俳優が出演しているわけでもなく、大きな事件が起こるわけでもない。

ナレーションもなく、老夫婦と牛だけが映っている映画。

dscn0330

誰もが耕作機械を使うのに、頑固なお爺さんは足が悪いにも関わらず牛と働きつづける。

牛の寿命は15年ほどなのに、この牛は40年も生きつづけた。

お婆さんは老いぼれ牛を売れと言うが、お爺さんは死ぬまで面倒を見るという。

dscn0334

ついに老いぼれ牛が動けなくなる。

獣医さんがお爺さんに「心の準備をしてください。」と声をかける。

お爺さんは30年間牛がつけていた鼻輪を外し、鈴を外す。

ちりん、ちりんと鳴っていた鈴の音が止んだ。

 

そこには何一つ創られたものがない。

忘れてしまった大切な何かを思い出させてくれる素敵な物語です。

sponsored link

down

コメントする




自己紹介

ゆき

ゆき

2004年に初めて渡韓。それ以来、韓国語を勉強し、韓国料理を覚え、韓国ドラマを見ています。韓国の魅力は何と言っても、あのおおらかさ(テキトー?)です。 [詳細]



sponsored link