やーっぱKOREA!

不思議な魅力満載KOREA!韓国情報発信中!

水道局山タルトンネ博物館でタイムスリップ!

time 2016/12/01

水道局山タルトンネ博物館でタイムスリップ!

タルトンネ博物館は仁川にあります。

この博物館に行くには、ものすごい急な坂道を登って行かなければならないので、体力のない人はタクシーで行くのがおすすめです。

私は仁川空港の待ち時間にタクシーで行ってきました。

空港にいた1台目のタクシーの運転手さんは場所を知らないようで断られて、おじさんに後ろにいるタクシーに乗るように言われました。

道が空いていれば片道20分程度で着きます。

タルトンネ(달동네)とは『タル(달)=月』『トンネ(동네)=町』で『月の町』という意味です。

これは街が高い位置にあり、月が良く見える「丘の尾根や斜面などの高台に貧しい人々が集まって暮らす町」を叙情的に表現した言葉だそうです。

ここにある人形(マネキン)は実在の人物をモデルに作られたそうで、確かに良く見ると一体ずつ顔が違います。

館内は薄暗くなっていて独特の雰囲気になっています。

観光地に飽きてきたら、こういうところも面白いです。

dscn6044 dscn6052 dscn6050 dscn6045 dscn6041 dscn6039

 

sponsored link

down

コメントする




自己紹介

ゆき

ゆき

2004年に初めて渡韓。それ以来、韓国語を勉強し、韓国料理を覚え、韓国ドラマを見ています。韓国の魅力は何と言っても、あのおおらかさ(テキトー?)です。 [詳細]



sponsored link