やーっぱKOREA!

不思議な魅力満載KOREA!韓国情報発信中!

韓国歴史ドラマでよくみかける座椅子とも布団とも思えるこれらはなんだ?

time 2016/10/20

韓国歴史ドラマでよくみかける座椅子とも布団とも思えるこれらはなんだ?

韓国歴史ドラマでよくみかける座椅子とも布団とも思えるこれらを보료세트(ポリョセット)と言います。

正確には보료というのは一番大きい敷布団のことです。

長い肘掛け:장침(チャンチム)
短い肘掛け:단침(タンチム)
背もたれ:안석(アンソッ)・등받이(トゥンバチ)
座布団:방석(パンソッ)

部屋の奥にあって、普段はその部屋の主が座っていますが自分より位の高い人が訪れてきたら席を譲ります。

日本だと上座に当たるのでしょうか。

ドラマでは、誰かが部屋に入ってくるたび、クルクルと席を替わるときがあります。

めんどくさがりな韓国人も上下関係には厳しいようですね。

日本でも後から偉い人が入ってきたら、「こちらへどうぞ」と席を譲ったりしてますが、遅れて来た人は入り口から近い席でいいじゃん、すぐ座れるし、と思うのは私だけでしょうか。

人間関係がフラットな世界を体験したことがないので、それがいいのか悪いのかもわかりませんが。

sponsored link

down

コメントする




自己紹介

ゆき

ゆき

2004年に初めて渡韓。それ以来、韓国語を勉強し、韓国料理を覚え、韓国ドラマを見ています。韓国の魅力は何と言っても、あのおおらかさ(テキトー?)です。 [詳細]



sponsored link